スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2013の投稿を表示しています

Tik Tok映え

「Tik Tok映え」
この言葉、初めて聞きました。。
下の記事を読むと、「め組のひと」がTik Tok経由で流行ったらしいのですが、まったく知りませんでした。

倖田來未「め組のひと」、なぜ女子高生の間で再ブーム? “Tik Tok映え”する懐メロを考察

こういう風に曲が知られていくのは、いいですね。
今っぽいし、音楽を知るのと楽しむのが同時で面白いなぁと思う。
音楽を聴くだけのものにしてないのがいい。
昔の音楽好きよりも文化レベルが高い気がする。

ちなみに、本家ラッツ&スター「め組のひと」は昔から大好きです。


10月27日はハナラボ横浜プロジェクトの報告会でした

10月27日にハナラボの横浜プロジェクトの報告会を実施しました。
この報告会は、5月22日から始まった「ヨコハマ ハコいりムスメプロジェクト」で、何もないゼロの状態から企画を立てて実行してきた女子大生たちの活動報告会です。
当日はユーストリームで配信して、録画したものを残してます。ちょっと長いですが興味のある方は、ぜひ見てくださいませ〜
◯前半

http://www.ustream.tv/recorded/40222088
◯後半

http://www.ustream.tv/recorded/40223448



カテゴリー:ヨコハマプロジェクト, NPO法人ハナラボ

音楽系スタートアップ、気になる。。。

気になる記事がありました。
今、注目すべき5つの音楽系スタートアップ:収益化が難しいこの業界でいかに戦っているのか

http://www.lifehacker.jp/2013/10/131026_5_music_start-ups.html
海外の音楽系のスタートアップについての記事なのですが、ものすごく気になります。私はNPOをやっているのですが、NPO系の記事にはそれほど反応できません。これは、自分でも残念なことなのですが、、、、(笑)しかし、音楽系で新しいサービスを開発した企業とかスタートアップのことは、かなり気になります。昔は音楽が好きだったし、今はあまり聴かなくなったけど、やっぱり音楽は素晴らしいものだと思ってるからだと思います。
特に、こういうミュージシャンの広報を助けたり、音楽を流通させる新しい仕組みなんかは、かなり興奮します。音楽自体の意味は大昔から変わらないけど、音楽を流通させる仕組みがどんどん変わって来て、最近では仕組みにあわせて音楽を作るようになってきてる。仕組みにあわせて音楽を作ることも最初は面白かったのかもしれないが、最近だとやりすぎ感があし、飽きてきてる。
そういう状況をどんどん変えていけるようなサービスが出てきていて、自分も何かしなきゃ!と焦ってます。せっかくNPOをやっているんだから、その知識を使って、新しい仕組みを考えて、音楽の流通や広報、仕組みを変えて行けるようになりたいなぁと思ってます。


カテゴリー:ツール, ミュージック, Webサービス, 日記

mediumというブログ

mediumというブログが一般公開されたようです。
良質ブログのための新プラットフォーム「Medium」が一般公開

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131028_621150.html
BloggerやTwitterのEvan Williamsが作ったらしいので、注目を集めているそうです。もちろん、私もその理由で飛びつきました(笑)
Medium

https://medium.com/
一般公開が10月25日だっただけで、1年くらい前からあったみたいですね。しかも、ちゃんとした記事をかける人だけが使えたようです。
Medium:Twitterの共同創業者によるアンチTwitter
http://wired.jp/2013/09/12/medium/
ブログは今までもPosterous(私は好きだった、、、)いろんなサービスがありましたが、みんななくなっていきました。今さら参入するのは、重要なメッセージがあるんだろうなぁと思ってますので、mediumには期待してます。
早速使ってみました。

英語ばかりなので、正直わからないことばかりですが、テーマごとに記事を分けているようですね。
で、早速書いてみました。かなりシンプルです。そして、Wiredの記事にもありましたが、段落ごとに写真を入れたりタイトルを入れたりできるとのことです。今までのブログでももちろん出来ましたが、そういう機能があるのはなかったですね。HTMLのように文章も構造化するようにしたいんでしょうか。

出来上がった記事はこちらです。

あまりにも内容が薄いので、削除されてしまわないか心配ですが、先ほどの記事だとEvan Williamsはそうなることがわかっているようなので、今後の成長に期待してもらいます(笑)
#indee_blog


カテゴリー:インディ株式会社, ツール, indee_blog, medium, Webサービス Tagged: Blogger, Evan Williams, Medium, Twitter

Amebaブログも使ってみる

Amebaブログも使ってみないとなぁと思ったのであります。
Amebaブログって日本で一番使われている?やっぱり周りでも使っている人が多い。特に集客をしなければいけない店舗や会社の人たちは使っていることが多い。そんな人たちにアドバイスができるくらいになりたいなぁと思ったので始めることにしました!


カテゴリー:ameba, インディ株式会社, indee_blog, 日記 Tagged: Ameba

横浜プロジェクトの報告会

明日は、ハナラボの横浜プロジェクトの報告会です。

5月22日にスタートして、半年間の成果発表です。今日は明日のプレゼンのリハーサルだったのですが、半年間びっしり考えてきたことなので、プレゼンもしっかりしてました。この半年は、かなり厳しい活動だったのですが、みんなくじけながらも踏ん張ってました。すごいなぁと思います。3年生は12月から始まる就活も乗り切れる力をつけたんじゃないかと思います。

私たちは、明日以降、これまでの活動の成果をまとめ、どのくらい大佛次郎記念館や横浜市にどのくらいインパクトを与えたのか?来期はどんなことをすればいいのか?をまとめていきます。映画で言えば、5月からの半年は学生たちが演じ、これからは私たちで編集をするって感じです。ハナラボって大変です(笑)

明日は飛び入り参加可能なので、興味がある方はぜひ参加してくださいね!

ハナラボ ヨコハマハコいりムスメプロジェクト

http://yokohama.hanalabs.net/

報告会Facebookページ

https://www.facebook.com/events/583583175038474/

WordPressとはてなブログをiftttを使って連動

私のブログはWordpressを使ってます。あと、TumblrとかBloggerには連動させてます。ふと気づいたんですが、私は日本のブログサービスを使ってないんです。私が使っているブログを運営している国は主にアメリカなので、外人のユーザーが多いです。なので、私の記事を見ても反応は薄いです。
しかし、別の機会でアメブロのシンプルブログ「Simplog」を知って、使いやすそうだなぁと思って使ってみました。アメブロは広告が多くてデザインがぐちゃぐちゃなのであまり使いたくなくて使ってなかったのですが、テストで記事をアップしたらどんどん「いいね!」がつくじゃありませんか!やっぱりアメブロはユーザーが多くて活発だなぁと。私が普段使っているサービスでは、外人が多くて日本語で書いても、興味も持てないんじゃないか、、、と。
と、いうことでiftttを利用して、はてなブログに飛ばしてみようと思います。なぜアメブロではなく、はてなブログかというと、アメブロはユーザーが多いので、はてなで慣れてからにしようと思ったからです。
写真のたこ焼きは本文とは関係ありません。。。

浜島


カテゴリー:ツール, indee_blog, Tumblr, Webサービス, Wordpress Tagged: ifttt

横国大で授業!

昨日はハナラボとして横国大で授業をしてきました!

この授業では、ハナラボ横浜プロジェクトで立ち上がったハナラボインターン生が作ったプロジェクトの広報を考えてもらってます。
なぜ、広報をやってもらうのかというと、広報は大切だからです。

今回のハナラボ横浜プロジェクトでは、ハナラボ生たちが全部で10回程度、イベントを開催しました。その中で、広報の大切さを実感しました。ハナラボ生たちは精一杯がんばってくれたのですが、ハナラボの認知がほとんどない横浜ということで、かなり苦労しました。
その中でわかってきたのは、広報に取り組むことで社会がわかるし、社会人の一員になれるんじゃないかということです。学生の狭いコミュニティだけではなく、学生が知らないコミュニティへ発信することで、自分たちのやっていることの評価を正当に受けれるように感じました。NPO法人ハナラボとしても、横浜での認知の低さや知り合いが少ないということを、嫌というほどわかってしまいました。いろいろ苦労してます(笑)
ということで、横国大生たちには、広報を通して社会を知ったり、自分の立ち位置を知ったりしてもらおうということなりました。
昨日が2回目の授業でして、第1回目は大佛次郎記念館を見てもらって、今回から具体的なアイデア出しなどをしてもらいました。ハナラボを通して知ったことの一つに「大学ごとに学生の色がある」ということです。横浜国立大学の学生の印象は「素直」です。あまり好きな言葉じゃないですが「等身大」です。学生っぽさが残ってます。あと、悪い言葉でいうと「無知」「世間知らず」です(笑)
私は、彼らにすごく可能性を感じました。なぜなら、へんな知識が入ってないからです。出てくるアイデアが面白くて、彼らの話に夢中になってしまいました。
本で読んだ知識とか、有名人のやってることを嬉々として話したり、外国の事例をしたり顔で演説するのではなく、「自分たちの友達に知ってもらうにはどうしたらいいんだろう」「活動をする中で他大学の子と友達になれたらいいね」とか、ある意味、まっとうな思考がたくさん出てました。
横国大の授業は、学生に可能性を感じて取り組めたらと思いました。
あ、もちろん今がんばってるハナラボ生たちは、多くの可能性を持っていて、半年間の活動でその可能性を拡大させた、という大前提があって、これを書いてますよ!



カテゴリー:NPO法人ハナラボ,