投稿

4月, 2013の投稿を表示しています

ブログのコメントって非表示がよい?

BloggerのコメントとGoogle+のコメントを同期させたいという理由だけで、コメント機能をONにしました。

ブログのコメントはONにしない方がいいと思ってますが、どうなんでしょうか?

スパムとか荒れるとか言われてますが、実際はどうなんですかね?
仕事でお客さんのブログを見ているのでスパムが多いのは知ってますので、コメントをONにするのはちょっと不安です。

あと、荒れる荒れないというのは、どうなんでしょうか?
私は荒れるようなブログの内容ではないので問題ないのかなぁと思ってますが、どうなんでしょう?
実験としてしばらくコメントをONにしてみます〜

ブログはどこのサービスがいいのだろう

ブログはどこのサービスが良いのですかね?
今、このBloggerとはてなとLivedoorがあって、ほとんどBloggerを使っているのですが、ちょっとだけテーマを決めて、はてなとLivedoorを使ってます。

なんとなくの印象ですが、日本では日本のサービスの方が検索にひっかかりやすいように感じてます。サービスを運営している会社の国って影響するんですかね?
BloggerはGoogleなので、Googleで検索したときはBloggerが一番いいような感じがするのですが。。。

こういう時、検証しないのが私の悪い癖、、、(笑)

ネット系の企業が元気ですね。アメリカだけど、、、

なんかネット系の企業が元気っすね。

LinkedIn、ニュースリーダーアプリ「Pulse」を買収へ
http://japan.cnet.com/marketers/news/35030755/

LinkedInには、どんどんビジネスよりの強みを磨いてほしいですね。今のままだったら、あまり使えないなぁと思ってます。けど、使えない状況なのは、日本だけかな?

Twitter、音楽サービス立ち上げへ──買収されたWe Are Huntedが明らかに
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1304/12/news046.html

「Twitterの新しいサービス」って聞いても、あまり期待感がないなぁと感じる。今までもいろんなサービスがあったけど、「これはすごい!」ってなかった気がする。

ザッカーバーグ氏ら、政治団体「FWD.us」設立--移民制度改革支援で有能な人材確保目指す
http://japan.cnet.com/news/society/35030753/

「移民を受け入れるべき」的な考えが、こういう形で出てくるのはアメリカっぽいなぁと思う。優秀な人を獲得すると仕事を作るから、私も優秀な人をひっぱってくるのは賛成だなぁ。

以上です!


TODOアプリ

なんかネタがなかったので、いつも使っているTODOアプリを紹介します。

domo Todo+ (sync with Google Calendar™)
https://itunes.apple.com/jp/app/domo-todo-sync-google-calendar/id317736733?mt=8

このアプリが良いのは、Googleカレンダーと同期したら、Googleカレンダー上にTODOが出るところです。

ちょっと前に流行ったClearとかは、iPhone上のTODOとGoogleカレンダー上のTODOが連動しないので使いづらい。しかし、このアプリは連動するので使いやすいです。

「Mailbox」というメーラーアプリについて

Mailboxというアプリが噂になってたので使い出した。

最近、新しいアプリをウォッチすることはなかったのですが、Mailboxを作っている会社をDropboxが買収したニュースを見て知りました。

Mailbox買収から見る、Dropboxの今後
http://www.lifehacker.jp/2013/03/130318dropbox.html

で、すぐにMailboxをAppstoreでダウンロードしたのですが、何と順番があるではないですか!しかも35万人!

結局、2週間近く待って使うことができました(笑)

使ってみて感想は、「ほぅ、それは面白い」です。
それは何かというと、メールアプリをTODO管理のように扱えるというところです。

受信ボックスに残っているメールすべてを未読のように表示してくれたり、後で読みたいメールの読む時間を設定できたりする。まぁ、まだこれくらいしかわかってません、、、(笑)

基本的にデザインがシンプルで使いやすいのは間違いないです。

引き続き研究してブログに書きたいと思います!

田坂広志『まず、世界観を変えよ』が良い!

イメージ
企画書を作るために、昔読んでいた田坂広志さんの『まず、世界観を変えよ』をたまたま手に取った。



昔に読んでいたときも興奮して読んだと思うが、改めて読んでみると、自分自身がちょっと成長したからかもしれないが、昔よりも理解がしやすくなっていて、大興奮で読んでいる。

サブタイトルに「複雑系のマネジメント」とあるので、基本的にはマネジメントの本だとは思うが、ネットワークやコミュニティを知るために私は活用している。

あと、10回くらい読むつもりです(笑)

ネットワークから人が離れるとき

Friendsterがどのように終わったのかを研究したことについて記事があった。ちょっと古めの記事ですが。

どのようにSNSは死を迎えるか:Friendsterで検証
http://wired.jp/2013/03/05/friendster-autopsy/?utm_source%3dfeed%26utm_medium%3d


私もNPOで活動しているので人のネットワークは気になるんですが、ネットワークには何が重要かが書いてある。
ガルシア教授らによると、ネットワークを成功させていくには彼らが「Kコア」と呼ぶ要素が肝心だという。Kコアとは、多くの友人がいるうえに、弾力性や社会的影響力を持つユーザーの集合のこと。そしてKコアのユーザーが離れたことが、Friendsterの全面的な崩壊につながったという。 確かに、コミュニティに元気がなくなるときは中心人物がいなくなったときかもしれない。あまり影響がない人がいなくなってもコミュニティは変わらない。

当然か、、、(笑)

私も注意してコミュティにを作るようにしよう。
Friendsterの崩壊から学べる教訓があるとすれば、それは「ユーザーの数が多いだけではソーシャルネットワークは生き残っていけない」ということだろう。つまり、ユーザー間に強いつながりがなければならない。ガルシア氏は今回の研究結果から、「Facebookはユーザー間のつながり具合をもっと分析し、各ユーザーのつながりが強まるように促進すべきだ」としている。 重要なのは誰か、をちゃんと見極めないとね。

レディガガのソーシャルメディア

レディガガのソーシャルメディアの考え方がいろんなブログに書いてあって読んでみたら参考になりました。

顧客ロイヤルティを育む「ガガ様の法則」とは
http://blogos.com/article/59047/

7か条が出てました。

1.いま既にいるファンないしユーザーの1%に集中しろ
2.自分の信念を示せ
3.コミュニティを形成せよ
4.ファンに名前をつけよ
5.体験を共有せよ
6.ファンのファンになれ
7.話題をふりまけ なるほどなぁ〜って感じです。

特になるほど!と思って、私は出来てない部分が「ファンに名前をつけよ」です。
私たちの活動を応援してくれている人たちの名前がないので、なんかしゃべりにくい感じです。。。
名前があれば、仲間意識が芽生えるから、同じ目標に向かいやすくなるんじゃないかと思いました。名前つけよう。